t

t
t

2016年1月29日金曜日

〜冬から春へのご案内〜




写真:Chizuko Takeda http://is.gd/xwSDq1


〓2/21(日)10:30am〜5pm

マインドフル・デイ

@鎌倉の山小屋「どんぐり工房」 

 

〓3/?:未定
 

〓4/3(日)

@明治神宮「お花見サンガ」
  
〓4/17(日)

@仙川(森のテラス)

2015年12月1日火曜日

森のテラスでメディテーション

☆終了☆

(東京サンガ主催)

新年の青空サンガピクニック

@森のテラス(仙川)


2016、1/24(日)
↓〜こちらをクリック

http://tokyosamgha.blogspot.jp/p/blog-page_19.html





2015年11月30日月曜日

「青山メディテーション」変化のお知らせ

2012年より毎週続けていた「青山メディテーション」

12月より主催が「東京サンガ」から移り、名称も変わります。

 

今年春から主にガイドをしてくれていた Kanakoさん

(=ダーマネーム:心慈覚)が立ち上げた新サンガ

『ハート・オブ・東京サンガ』 が主催、及び名称となります。

 
新しい別グループとしての運営となりますが、

東京サンガの姉妹サンガとして
私たちのブログからもリンクを貼りますので
東京サンガとはまた違った味わいの

『ハート・オブ・東京サンガ』へ是非アクセスしてみて下さい。


『ハート・オブ・東京サンガ』の会場、スケジュール等の情報はこちらへ〜↓ 

http://belovedcommunity.jimdo.com/ハート-オブ-東京サンガ/



(東京サンガ/中島直人)

2015年9月13日日曜日

タイの容態〜公式発表9/8

(Facebook ビラブド・コミュニティーより転載)


9月8日、プラムヴィレッジからタイことティク・ナット・ハン師の容体の公式発表がありました。2か月前の渡米直後には疲れがあったものの、集中療養が実を結び始め、タイは昨年の脳いっ血以来初めて言葉を口にされ、麻痺した右足には回復のきざしもあります。肉体的な制約に阻まれてもタイが人々をいまこの瞬間へと帰り命の神秘に触れるよう導き続ける姿勢はそのままです。"Realizing Thay's dream~タイの夢を現実のものへ" と題された9月8日付公式発表より、以下に全文日本語訳を掲載しています。 smile emoticon _()_

An Update on Thay’s Health: 8th September 2015(英語)
http://plumvillage.org/…/an-update-on-thays-health-8th-sep…/

=================================================

《公式発表》
2015年9月8日
プラムヴィレッジ・フランス

全プラムヴィレッジ・センター
全プラクティス・センターと世界のサンガ
親愛なる友人の皆様

タイが脳いっ血の回復の集中療養を望まれ渡米されてから2ヶ月が経ちました。愛の共同体であるサンガの皆様からの信じ難い程のご支援のお陰であらゆる治療様式の中からタイに最もふさわしい医師・療法士の先生方に治療に携わって頂くことができました。皆様にタイが西洋・東洋・伝統医学、また代替医療の中から最も適した治療受けられていることをこうしてご報告できることを嬉しく思います。カリフォルニア大学サンフランシスコ医療センターの稀なる医療チームの監督とご支援によって、タイは毎日、鍼灸治療、理学療法、言語障害治療、整骨治療・ニューロフィードバックを施されています。

タイの高齢と脳いっ血の重症度、またさまざまな健康上の複合的問題から、回復は困難を極めています。理学療法を始めた当初、タイはご自身のためにつくられたプログラムに療法士の先生方と非常に熱心に取り組まれていました。私たちがタイの治療の準備していると、タイの様子からは喜びに満ちた決心が皆に伝わって来るほどでした。「タイ、理学療法の支度をしましょう」と私たちが声をかけると、「レッツ・ゴー!」とでも言うように、タイは拳を突き上げてほほえむのでした。

しかし、渡米直後のタイは、疲労と体調の辛さから十分に治療に取り組むことができてはいなかったのです。このため医療・療法チーム全体の先生方が協力され、良質な睡眠・注意力・快適さ・安心をタイが得て治療に取り組めるよう統合的なプログラムが組まれました。

最近での大きな進歩は、タイが免荷式歩行器を使っているとき、麻痺の右足がわずかに動作し始め、歩行運動の兆しを見せ始めたことでした。

また、この二ヶ月間でタイは3人の言語障害療法士の訓練を受けられました。この内の一人の先生との訓練で、タイは脳いっ血を起こしてから初めて言葉を話すことができたのです。この日は記念すべき日となりました。皆様とタイの最初の言葉をここで分かち合えることを幸せに思います。

In, out (吸う・吐く/数回)
Happy (幸せ/数回)
Thank you (ありがとう/数回)
“Vui quá” (とても幸せ/ベトナム語)

この時の様子はまるでガイド瞑想のようでした。皆が涙と笑いに同時にくれました。そしてタイもまた同様でした。

残念ながら、タイにここまでの言葉の進歩を助けてくださった言語療法士の先生は、サンフランシスコからは遠方にお住まいで3日後には帰らなければならず、その後のタイの進歩は多少勢いを失ってしまって、別の先生方との訓練を試みてみたものの、未だに当初ほどの著しい進歩はありません。私たちは週に何度かタイを訓練可能な、できればベトナム語に堪能な言語療法士を今もサンフランシスコで探しています。

治療以外にもタイは週に二回は浜辺を訪れ、美しい街並みやゴールデン・ゲート・ブリッジを眺め、自然と太平洋の空気に触れて、サンフランシスコ沿岸を楽しまれています。毎日タイは私たちに命の神秘を楽しむよう呼び覚まし続けて下さっています。私たちが今この瞬間に帰って来れるよう、タイはよく私たちに青空を指差してみせるのです。またタイは時々遊び心たっぷりに先生たちと役割を交代しています。ご自身の唇に指をあてて見せては、先生を『止まる』ように招く、といった風に。

こうした時、しばしばタイは先生がマインドフルに一杯のお茶を楽しめるように、私たちにお茶を用意をするように指示されます。ある時、療法士の先生のお一人がタイの傍らにひざまずいて窓の外を眺めて沈黙すると泣き出してしまわれたのです。この時がおそらくは人生で初めて本当の意味で止まって、空の青さを楽しんだ経験だった、と後でこの先生は話してくださいました。

またある時、タイの親友がお見舞いに来られて、愛する人の可能な限りの回復を望むという自然な願望と一瞬一瞬の中に深く生きようとする意志をどう両立できるのかを、ご自分の経験から、こう分かち合ってくださいました。タイとのあらゆる瞬間は“贈り物の瞬間”であり、私たちがするべくは、ただこの贈り物である瞬間を慈しむこと。タイが呼吸し、ほほえみ、青空を楽しむことのできるすべての瞬間が贈り物の瞬間であり、私たちが何も期待することなく、あるがままを穏やかに受け入れ、人生をこよなく楽しむことを呼び覚ますための贈り物であると。
 
これはヨーロッパと、また現在アメリカで大規模マインドフルネス・リトリートを続ける私たちが目指す精神です。実践する人々の愛の共同体をつくることがタイの長い間の真摯な願いであることを私たちは知っています。そして何千もの仲間たちが集まり、勇気づけられ、よろこびを共にし、フランス、ドイツ、或いはいま5日間のリトリートを終えたばかりのニューヨーク州のブルー・クリフ修道院で、この夢を現実にしてきたのです。私たちは星空の下に坐る黙想で、また小川の傍や森の小道を歩く瞑想で強い集合エネルギーを生み出し、共に歌い、笑い、涙しては、共同体であることの奇跡を祝福してきました。このリトリートでタイの存在が私たちと共にここに在ることが、私たちにははっきりと理解できるのです。タイはサンフランシスコにのみ留まっているのではないのです。
それはちょうど、2009年、健康上の理由でコロラド・リトリートに来ることのできなかったタイが話された言葉通りに。
 
The presence of the Sangha carries Thay’s presence. Please let me walk with your strong feet, breathe with your healthy lungs and smile with your beautiful smiles.
 
“サンガの存在とはタイの存在を宿しています。どうぞあなた方の力強い足で私を共に歩ませ、健康な肺で共に呼吸をさせ、美しい微笑みで共に微笑ませてください。”

皆様がマインドフルな呼吸と歩みとやさしいほほえみで、実践を生かし続けてくださることに深く感謝申し上げます。私たちが共に集い、マインドフルネス・慈愛・洞察の強力な集合エネルギーを生み出すとき、私たちはタイの願う、共同体としての未来を現実のものにしているのです。平和と幸せと癒しを自分自身と世界へともたらすタイの功績を引き継いでいく道を私たちは共に見出していきます。

どうぞ今秋、アメリカでのプラムヴィレッジ・リトリートや催しにぜひご参加ください。
tnhtour.org

愛と信頼を込めて
プラムヴィレッジ僧侶一同

タイのご回復の公式発表は随時以下のサイトに投稿致します。
plumvillage.org(英語)langmai.org(ベトナム語) villagedespruniers.org,(フランス語) www.facebook.com/thichnhathanh (Facebook/英語)
===================================================
[Photo: Paul Davis]

2015年8月11日火曜日

青山メディテーション9・10月の曜日変更

東京「青山いきいきプラザ」での

金曜メディテーション、

 

8月は通常通り

毎週金曜日に開催。    

 

9月と10月は実験的に週毎

水曜日と金曜日に変更されます。

 

9/2(水)、9/11(金)

9/16(水)、9/25(金)

10/7(水)、10/16(金)

10/21(水)、10/30(金)


詳しくは下記ページをクリック☆

 

http://tokyosamgha.blogspot.jp/p/blog-page_2.html

2015年7月4日土曜日

タイの容態(6/28公式発表)

(Facebook、ビラブド・コミュニティ 和訳文を転載)




プラムヴィレッジから6月28日付のティク・ナット・ハン氏の容体の公式発表がありました。

タイ(“先生”という意の師の愛称)はプラムヴィレッジに戻られてからめざましい回復を遂げ、ブラザー・シスター達の助けを借りて、歩くめい想やマインドフルな食事、歌うめい想を、喜びとほほえみと共に少しずつ再開されつつあります。

『Life is a Miracle~生きるという奇跡』と題されたプラムヴィレッジ公式発表より、以下に全文和訳を掲載します

:)_()_


=======================


《公式発表》2015年6月28日
プラムヴィレッジ・フランス

全プラムヴィレッジ・センター
全プラクティス・センターと世界のサンガ
親愛なる友人の皆様

 
プラムヴィレッジにあるご自身の庵に4月初旬にタイが帰宅して以来、健康を大幅に回復されている様子を、こうして皆様にお伝えできることは私たちの何よりの幸せです。タイは毎日戸外へと出て、自然の中で花々や鳥の歌、樹の下でのひとときを楽しまれ、また30年以上も前に、手ずから植えた竹林の涼しさの中、小川の流れる傍のハンモックに横たわったりしながら、日々を楽しんで過ごされています。

 

医師と看護師の往診は今も続き、日々タイは理学療法とマッサージ、鍼灸治療を受け、付き添いの弟子たちがタイを24時間体制でサポートしています。

 

高齢にも関わらず、タイの回復にはめざましいものがあります。

 

ある日のこと、タイは固形物の飲み込みを再開することを自ら決められ、付き添いの弟子にりんごの用意を頼みました。その次はレモン、そしてアボカドでした。タイが一口一口、飲み込む前に40回以上もよく噛み、至福の面持ちで味わう様子には、誰もがとても驚かされました。気づきに満ちて味わおうとする、タイのマインドフルネスと集中力、喜びには素晴らしいものがありました。その日を境にタイは決意と集中力をもって自力で食べ物を味わい、食事を摂られるようになったのです。シスターたちは愛と創造性を発揮して、様々な滋養ある健康的な食事をタイのために用意し、タイは喜んで口にされています。そして日に数度の健康的な食事で十分な栄養を摂れるようになると、合併症を起こすこともなく無事に栄養チューブを取り外すことができたのです。これはタイの医師団にとっても驚きでした。タイは笑顔になり、私たちも皆ほほえみました。

 

ここ最近のタイは、弟子たちのハミングや歌に加わり、発声機能を取り戻し始めています。最初はシスターの一人が “Nam Mo Bo Tat Quan The Am.” ──観世音菩薩 ~偉大なる慈愛の菩薩~へのベトナム語の祈り──を唱えていたところ、タイが突然、最後の “Âm” (ウムと発音)を、はっきりと一緒に唱えられたのです。この“Âm”とは奇跡的にも『音』という意味を表す言葉でした。 その後タイが皆へと向けた輝くような眼差しは、“どんなことでも可能なのですよ”と言わんばかりで、ほんとうに感動的な瞬間でした。そして居合わせた弟子たち全員が集まってタイに加わり、このチャンティングを続けたのでした。この出来事を皮切りに、タイは毎日、ベトナム語・英語・フランス語のお馴染みのプラムヴィレッジの歌をすべて歌ったり、あるいはハミングして楽しまれるようになりました。現時点でのタイはメロディーを発声し、時には単語を発語することができます。手振りで歌詞の意味を表すことができ、正確な発語に成功するたびにタイは喜びを表し、また周囲を感嘆させています。
  

タイの強い回復の意欲を目の当たりにした療法士の先生方は、これはリハビリにおいて最も大切な要素であると評価されました。体力とバランス、姿勢の回復にタイは非常に努力しています。タイははっきりと意思表示をされ、現在では支えなしで、まっすぐに美しい姿勢で座ることができています。この3週間というもの、右半身に麻痺を残しながらも、タイは再び歩く意欲を示し続けています。一人に後ろから支えられ、もう一人に右足を進めてもらい、タイは今、日に数度、庭で歩く瞑想を再開しているのです。その一歩一歩の中にタイの喜びと自由があることが、私たちにも感じられます。タイが一歩を歩むには大きな努力を要しますが、その一歩ごとがタイにとっての勝利であり、この美しい母なる地球の上で生きている歓びの証しであることが、私たちにも見て取れるのです。
  

時折、ブラザーとシスター達150人から成る出家者のコミュニティが集い、タイと歩く瞑想を実践しています。先週の歩く瞑想では、タイが弟子たちと対面する喜びや、サンガを率いて歩く瞑想される幸せな様子に、私たちも触れることができました。タイは青空や、風に揺れる竹を指差し、ブラザーたちのひとりに微笑みかけては、今この時を楽しむよう、皆を導いて下さいました。肉体的な制約を受けながらも、タイの勇気と決意、そして喜びは、健康な足であとに続く私たちにも明らかな教えでした。一歩一歩、どんな条件のもとにあっても、タイはたゆまぬ実践をしてみせ、それはタイが決して実践の道を去ることのない意志の証しでした。タイは私たちがこの実践の道を歩み続け、生きる神秘を味わうことを力づけて下さいました。
  

この何ヶ月もの間、タイとサンガを愛を込めて支えてくださったすべての皆様にお礼申し上げます。皆様の慈愛と祈り、そしてタイのために深くマインドフルな実践を続けてくださった献身に、深く感謝致します。また、タイの部屋に飾るために子供たちの描いた素晴らしい絵を送ってくださった方々、真心のこもった寄付を送り、タイを支えてくださった方々に特に深くお礼申し上げます。
  

プラムヴィレッジの池では蓮の花が咲き、果樹園ではプラムが実りはじめました。プラムヴィレッジの全ハムレットでは、7月の一ヶ月間、毎週約800人の夏リトリートの参加者をお迎えする準備が始まっています。一年の中でもこの夏リトリートはタイのお気に入りの時期です。タイの教えを継ぐ昔からの高弟たちが、タイの継続として教えを説き、ご家族連れや子供達の参加も歓迎されます。夕刻前の陽射しの中、樫の林や竹林の木陰やベランダで、お互いを深く分かち合う友達同士の輪が見られ、鐘の音が鳴り響く中、心を開く涙が流されることでしょう。

 

9年前、タイはこう質問されました。
『今年80歳になられますが、いつか精神的な指導者から引退されることはお考えですか?』

 

タイの返答は次のようなものでした。

 

『「教え」というものは言葉だけでなく、私たちが生きる人生そのものから伝わる~と仏教では考えます。あなたの生き方そのものが「教え」であり「メッセージ」となるのです。つまり、私が坐り、歩き、食べ、サンガと関わり続けること即ち、私が教え続けているということなのです。法話を行う師家(ダーマ・ティーチャー)たちには、すでに私に替わって法話をするよう勧め始めています。多くが素晴らしい法話をしています。中には私のより良い法話もあるのです。私は自分の弟子たちの中に自分自身の継続を観ています。私に引退はありません。教え続けて行きます。法話を通してでなくとも、坐り、食べ、ほほえみ、サンガと関わることで、私は教え続けます。私はサンガと共に在りたいのです。もし法話をしなくても、歩く瞑想・坐る瞑想・マインドフルな食事などには参加したいですね。何も心配しないでください。人々はプラクティスのエネルギーに触れると、感化され、ひらめくのです。教える為に必要なのは「語る」ことではありません。自分自身の人生をマインドフルに、深く生きることなのです。』

 

インスピレーションに満ちたこのタイの言葉は、今年のプラムヴィレッジの夏リトリート、8月のEIABドイツ語リトリート、秋のアメリカ・ツアーで、何千人もの皆様のリトリートを導く私たちの指針です。どうぞご参加下さい。

 

プラムヴィレッジ夏リトリート(英語)
http://plumvillage.org/retre…/…/summer-opening-retreat-2015/

 

EIABドイツ語リトリート(英語) http://tnh.eiab.eu/german-retreat/

 
2015秋アメリカ・ツアー(英語) http://www.tnhtour.org/

 
どうか 皆様が 愛する人たちの存在を 心から愛おしみ
共に歩むことを 満喫されることができますように

 

愛と信頼をこめて

 

プラムヴィレッジ僧侶一同

 

※タイの容体は現在安定しており、回復は長い道のりとなるため、容体のお知らせは以降、定期ではなく随時となります。世界のプラムヴィレッジ・コミュニティの皆様にはタイの健康状態の大幅な回復があった時のみ、お知らせいたします。

 

タイの容体の公式発表はプラムヴィレッジ公式ホームページ(英語)plumvillage.org,(ベトナム語) langmai.org, (フランス語)villagedespruniers.org, もしくは公式Facebookページ(英語) www.facebook.com/thichnhathanh でご覧頂けます。

 

=======================

 
<Plum Village Official Announcement> 

 

"An Update on Thay’s Health: 28th June 2015"
2015年6月28日付プラムヴィレッジ公式発表(英語)
http://plumvillage.org/…/an-update-on-thays-health-28th-ju…/

 
*Photo: Thich Nhat Hanh in Hong Kong, 2013. Photo courtesy Kelvin Cheuk

2015年6月17日水曜日

6/21(日)サンガピクニック(鎌倉)&キャンドルナイト@大船

☆終了しました☆

日曜日、鎌倉でのサンガに集まった皆さん

ありがとうございました。

ウグイスの声、優しい雨音、緑の山の中

〜静かで柔らかな安心感に包まれる美味しい一日でした。

夜は帰国中のSr.チャイとBr.ファップタンと大船観音キャンドルナイトで合流し〜皆で観音像内部で観音菩薩のチャンティング☆

(写真:http://goo.gl/nHZilQ

_________________________


《あす21日の青空サンガ会場変更のお知らせ

明日21日は雨の予報が出ていますので、青空サンガの場所を

大船植物園から鎌倉の山と緑に囲まれた、とても素敵な一軒家のイベント・スペースに変更して開催することになりました :)

この変更に伴い集合場所が大船駅から 

『JR鎌倉駅東口、みどりの窓口前』へと変わります。

また、床がフローリングのため、お外用の敷物の代わりにヨガマットやバスタオルをお持ちください。(イス用の座布団は会場にあります) 大船観音のキャンドルナイト参加は予定通り行われます。梅雨らしいマインドフルな日曜日を一緒に楽しみましょう♪


歴史ある神奈川県のフラワーセンター大船植物園
鎌倉の山と緑に囲まれた、とても素敵な一軒家の
イベント・スペースで
青空(?)サンガ
〜プラムヴィレッジスタイルのプラクティス

~歩く・歌う・食べる・すわる~を楽しみます。
夜はみんなで大船観音のキャンドルナイトへ!


〓時:2015年6月21日 (日曜日)

  12:30 JR鎌倉駅東口、みどりの窓口前
  18:00ー20:00 大船観音キャンドルナイト参加後、解散
  
〓対象:プラクティスにご興味のある方どなたでもお越し頂けます。

〓費用:自由寄付〜サンガの活動をサポートお願いします。
   (夜は別途キャンドル代500円がかかります)

〓持ち物:なるべくヴィーガン(精進)の食べ物を一品持ち寄り・My箸・お皿・敷物・座布(あれば)・サンガのブックレット・雨具・その他(飲み物や虫除けなど)

〓お申込み:plumvillagetokyo★gmail.com(★を@ご変更ください)
 (急な変更の際は当日の朝10時半までに東京サンガ・ブログ/ツイッター等でお知らせ。参加申し込み者にはメールでご連絡します。)

ご家族連れ・英語での参加者も歓迎です。
「お名前・eメールアドレス・お電話番号・参加人数」 をお書き添えの上、
メールでご連絡ください。東京サンガのブックレットをお持ちでない方は
『ブックレット希望』とお書きください。(1冊100円)


〓主催:東京サンガ & ビラブド・コミュニティ