t

t
t

2015年4月7日火曜日

タイ、お帰りなさい!(PV発表)

<公式発表>
http://plumvillage.org/?p=7391



プラムヴィレッジ(フランス)
2015年4月6日

 
世界各地のプラムヴィレッジ・プラクティスセンター、
関連のプラクティス・センター、サンガ、
そして親愛なる友人の皆さんへ

嬉しい報告をお伝えします。
タイの回復状況はボルドーにある脳卒中リハビリ・クリニックの専門家の元、引き続き向上しており、着実に体力もついてきています。

春の陽気が広がるここ数週間、タイは野外に出て樹の下に座り、鳥のさえずりに耳を傾け、お茶を飲み、招かれる鐘の音を楽しむことも可能になってきました。

今週、医療チームからリハビリ・クリニックを出てタイがプラムヴィレッジの 家に戻る許可を頂きました。
この4ヶ月半、ボルドーの大学病院医療チームの皆さんが注いで下さったタイの治癒・回復へのプロフェッショナルで全身全霊のケアにはただただ深い感謝しかありません。

タイもはっきりと帰宅を希望する意思を示し、ちょうど春の最初の葉っぱが開くこの季節、美しい木蓮の花が咲く4月3日金曜日にプラムヴィレッジに帰ってきました。
皆、タイがこの(霊性の我が家〜スピリチュアル・ホーム)に帰宅出来た事をとてもとても喜んでいます。ここでは僧侶達の献身的な付き添いチームにより、診療に訪れる医師と看護師の指導の元、24時間体制でタイの世話とケアが行われます。
 
 
この「滋養に満ちたプラムヴィレッジの平和な空間」、
「施される(物理)理学療法、言語障害療法」などがタイの片側不随麻痺や音声・言語の回復、嚥下(飲み込み)を向上させる好ましい環境となるよう願っています。
 
 
世界中の心の家族である皆さんが送ってくれる愛のエネルギーとサポートに心からお礼を申し上げます。タイの回復の道のりは長いものになります、皆さんの続くタイへの祈りと慈愛・癒(Healing)のエネルギーに感謝します。

そしてこの数ヶ月間、タイが開いてくれた美しい「目覚めの路」を共に歩む大勢の皆さんがアメリカ・ヨーロッパ・アジアの各僧院を訪れて下さったことは大きな喜びでありました。


〜愛と信頼をこめて

プラムヴィレッジ僧侶・尼僧一同


(東京サンガ・訳)
 
 
-------------------------

(原文)
 
Official Announcement

Plum Village, France
April 6, 2015

To all Plum Village Practice Centers,
To all Practice Centers and Sanghas World Wide,
To our Dear Beloved Friends,

We are happy to report that Thay’s health has continued to improve at the specialist stroke rehabilitation clinic in Bordeaux, where he has been steadily recovering his strength.

In the warm spring weather in the last few weeks, Thay has been able to enjoy going outside, sitting under a tree and listening to birdsong, drinking a cup of tea and enjoying the sound of the bell.

This week the medical team have given their approval for Thay to leave the rehabilitation clinic and return to his Hermitage at Plum Village. We are deeply grateful to the entire medical team at the University Hospital in Bordeaux for their professionalism and wholehearted care to support Thay’s healing over the past four and half months.

Thay expressed his clear wish to return home, and arrived on Friday April 3, in time to enjoy the beautiful magnolia blossoms and the first spring leaves as they unfurl. We are all very glad that Thay can come back to his spiritual home, where his devoted team of monastic attendants are continuing to support him and care for him 24 hours a day, under the guidance of visiting doctors and nurses.

We hope that in the nourishing and peaceful environment of Plum Village, and with the support of on-site physical therapy and speech therapy, Thay will have favourable conditions to treat his hemiparesis and make progress in swallowing and recovering his speech.

We would like to thank our global spiritual family for your loving energy and support. Thay’s journey of recovery will be long, and we thank you for continuing to send him your prayers and energy of compassion and healing.

It has been a pleasure to welcome so many of you at our monastic practice centers in America, Europe and Asia in the past few months as we walk, hand in hand, the beautiful path of awakening that Thay has opened up for us all.



With love and trust,

The Monks and Nuns of Plum Village

2015年4月1日水曜日

お花見☆青空サンガ@明治神宮

残念ながら 本日雨模様のため

順延とします 

次回の「青空サンガ」の案内をお楽しみに☆



"Smile. 

This is a wonderful moment!" (^^)


お待たせしました~春到来!
明治神宮芝生広場「お花見・青空サンガ」のお知らせです。




〜この広い敷地はいつも人が少なく、
芝生広場や森の中で歩く瞑想がとても気持ちいい貴重なスポットです☆

緑と空の美しさの中、木陰の芝生にゆるく集い、
サンガピクニックしましょう☆彡


基本お花見☆〜そしてのんびりと
マインドフル〜休/歩/坐/食/茶/息/聴/話
〜野外で滋養溢れる時間をたっぷりと。



2015/4/4(土)11時~3時半頃

(持ち寄りランチ)


◆荒天中止:(当ブログ、ツイッターhttps://twitter.com/tokyosangha 等をチェック!)


◆所:明治神宮宝物殿の前に広がる芝生広場

http://www.meijijingu.or.jp/access/index.html


 (目印:赤い手ぬぐい)
 

~広場へのアクセス:
一番近い~西参道(小田急線参宮橋駅)
二番近い~北参道(JR/地下鉄代々木駅・北参道駅)
三番近い~南参道(JR原宿駅、地下鉄明治神宮前駅)

 
◆参加予定の方はご一報下さい。
 plumvillagetokyo★gmail.com

(★を@に変えて送信ください)


◆早く来れる方は10時半から一緒に準備をしましょう❤️
 
◆参加費はありませんが「献金袋」を置きます。
(サンガの活動を支えて下さいませ)


◆当日の連絡は携帯まで:maluna★wm.pdx.ne.jp (★を@に変えて送信)
(中島直人)

◆【要持参】敷物(ゴザ、ヨガマット等)/クッション/飲み物/持ち寄りランチ(なるべく菜食で)/微笑み☆
 

◆【持参お勧め】お菓子♥
 

◆【サンガに持参する座布】

 
~これが結構大事です。やはり楽で安定した姿勢が取れないと身体にも負担だし、気持よく座れません。本格的な禅の座布を持参する方も居ますが、工夫してぜひある程度の高さのクッションになるものをお持ち下さい。

 

(無印良品のネック・クッションはお勧めです)
 

◆【呼びかけ】
 東京サンガ:http://tokyosamgha.blogspot.jp/


2015年3月16日月曜日

「青山金曜めい想会」変更事項

NEW

〜3月から〜


*開場は6時半になりました(7時開始)

 
*6時台の食べる瞑想はありません

  

詳しくはココをクリック〜↓
http://tokyosamgha.blogspot.jp/p/blog-page_2.html



2015年3月12日木曜日

ページに追加しました。

*「読み物/Articles」ページに

「2013年〜ハートへの質問状」を追加 NEW
〜右上のページセクションからどうぞ。

2015年3月9日月曜日

ページに追加しました

*「読み物/Articles」ページを追加

*「写真/Photo」ページに新しい写真を追加

〜それぞれ、右上のページセクションからどうぞ。

2015年3月2日月曜日

ゴールデンウイーク、PVブラザー&シスター来日

タイ自身は今、病床のため不在ですが
ゴールデンウイークに30名ほどの
ブラザーとシスター達が来日、色んな
イベントが予定されています。


詳しくは下記主催団体のリンクからどうぞ⭐︎

http://tnhjapan.org/info/

2015年2月19日木曜日

沢山の折り鶴をありがとうございました。HAPPY LUNAR NEW YEAR!


プラムビレッジの日本人尼僧、シスター・チャイから便りが届きました。

   *    *    *

Dear friends,

タイへ折り鶴を送って下さった皆様へ、
ご無沙汰しております。お元気でおすごしですか?

プラムヴィレッジでは数日前に3ヶ月間の冬安居を無事終えました。タイの法話がない冬安居は初めてでしたが、かわりにベトナムからいらした老師様やシニア・ダーマティーチャーたちの色とりどりの法話を聴く事ができ実りの多いリトリートとなりました。

(Pavarana Ceremony/閉会式)


閉会式の後は、旧正月を迎える『マインドフルネスの旗』(カイ・ネウ)をあげました。これは仏教に基づいたベトナムの伝統で、ざっくりまとめると下記のようなお話になります。























(Raising Cay Neu)


マーラがブッダに挑戦したとき、ブッダは「マーラよ、あなたに権力を与える。しかしこの袈裟に覆われた大地には入らないでくれ。」と言った。マーラは笑って答えた。「いいとも。そんなちっぽけな袈裟に覆われる土地などたかがしれたもんだ。」取引を無事終えると、ブッダは自分がまとっていた御袈裟を空になげた。するとその一切れの布は大きく空中に広がり、しまいには地球全体がブッダの御袈裟に覆われた。

ブッダの御袈裟は私たち一人一人の目覚めた心で生きる能力、マインドフルネスです。マーラは失念状態。いつでもどこでもマインドフルな呼吸と歩みと微笑みを忘れないようにと、この日、旧正月を迎える前に、竹にこの旗をくくり付けて、マインドフルな生活を送る事を心に誓います。

旗をあげた後は皆でベトナムの伝統的なバンチュン(バンテット)を作りました。餅米に緑豆のあんをつめてバナナの葉につつみ、それを一晩中煮ます。

​(wrapping earth cakes)


今日(2/18)ニューハムレットで新年を迎える式が行われました。(ベトナム時間にあわせるのでフランスだと午後6時。)明日からの四日間は新年のご挨拶に四つのハムレットの全部屋を順番にまわってお互いに母国の詩や歌、ゲーム、お菓子やお茶を分かち合います。

タイも病院で十数人の弟子たちに囲まれてテットをお迎えになられています。
おかげさまで折り鶴は二千羽近く集まりました!沢山の真心こもったメッセージもどうもありがとうございます。プラムヴィレッジでつなげる作業をしていると興味津々に人々が集まって、その場その場で楽しい折り鶴瞑想になります。日本ではだれもが知っている折り鶴ですが、海外の方にとってはとてもスペシャルで一羽目が折れた時の皆さんの笑顔はとても無邪気ですてきです。日本のご先祖様に感謝でいっぱいです。




世界中から日々のマインドフルネスの実践を通して安らぎと癒しのエネルギーが生み出されるなか、タイは順調に回復に向かっております。ただ一心にタイのご健康を願うよりも、私たち一人一人が日々心安らかに、周りの人々と調和して在ることがタイの一番深き望みであり、タイへの何よりもの贈り物です。

皆様も心身を大切に、楽しい日々をお過ごし下さい。
再来月、日本のリトリートでお会いできることを楽しみにしています。

感謝と愛を込めて、
シスターチャイ _()_
p.s. このメールはご自由にご転送ください。

--
Plum Village Meditation Practice Center(梅村道場)


Address:
13 Martineau
33580 Dieulivol
France

Tel: +33-556-61-84-18
Fax: +33-556-61-61-51